無料でお申し込み頂けます

専門家の相談

下向き矢印

私は受け入れます 利用規約条件

未定義

無料カウンセリングを受ける

ポストする 9月15 2021

海外で働くための最良のアドバイス: 海外で働くことについての誤解を解く

プロフィール画像
By  エディター
更新中 10月31 2023

勉強を終えて自信を持ってキャリアをスタートできるようになったら、どのような選択肢があるかを検討する必要があります。 海外で働く。 あなたは次のような理由から海外での就職を検討しているかもしれません。

  • より良い世界的露出
  • 海外に留学したのだから、海外で働くのも当然だ
  • より良く稼ぐ
  • より良い生活の質を得るために外国に定住する

しかし、海外で働くという考えについて、よくある多くの誤解に出会ったことはありますか? 見てみましょう。 そして、もしあなたが海外で働くことについてのいくつかの迷信に悩まされているのなら、私たちは今日それらの間違いを暴きます。

誤解 1 - 海外で働くと母国での機会が失われる

海外で働くことを選択するということは、グローバルな仕事の機会を探索し、海外での労働環境を経験することを決意することになります。 海外で働くことは、グローバルなプロフェッショナルネットワークを構築する絶好の機会でもあります。 そのため、海外でしばらく働いた後に帰国したとしても、より多くの情報を持ち、より自信を持って、ローカルな視点よりも世界規模で企業を視覚化するのが上手になるでしょう。

したがって、海外で働くことはまったくの損失ではなく、実際、帰国した場合に得られるメリットです。

通説 2 – 海外で働くか、母国に家族がいるかのどちらか

これは間違った考え方です。 実際、海外で働くことの恩恵は家族にも受けられます。 多くの国では、外国人労働者が移住する際に配偶者や子供を帯同することを認めています。 配偶者が外国で仕事を得ることができれば、双方に永住権の資格を得る公平なチャンスが与えられる可能性があります。

外国でのより良いライフスタイルとより生産的な生活の経験は、家族全体の幸福も高めることができます。

通説 3 – 外国の文化に溶け込むのは難しい

これはむしろあなた自身が認識している個人的な制限です。 外国企業は、熟練した外国人労働者だけでなく、外国の環境に溶け込み、安定することに挑戦する人材を必要としています。 あなたが大胆で、集中力があり、順応性があり、快適ゾーンから外れた場所でも成功できるなら、多くの機会が得られるでしょう。 海外で働く.

通説 4 – 引っ越しは大変なことになる

海外の有名企業の多くは、外国へのスムーズで手間のかからない移住を保証する移住サービスプロバイダーと提携しています。 さらに、世界 No.1 の移民およびビザ会社である Y-Axis のような移民コンサルティング会社を通じて移住すると、外国でコンシェルジュ サービスを受けることもできます。

Y 軸に接続するには、 をクリックします。 ここ.

次の有益な記事もお読みください。

  1. オーストラリア移民に関する 3 つの主要な通説を打ち破る
  2. カナダの移民制度に関する大きな誤解を払拭しましょう

タグ:

海外で働く

シェアする

最新の記事

ポピュラーポスト

話題の記事

教師のための居住許可

ポストする 4月19 2024

ニュージーランドは経験のない教師に居住許可を提供しています。今すぐお申し込みください!