無料でお申し込み頂けます

専門家の相談

下向き矢印

私は受け入れます 利用規約条件

未定義

無料カウンセリングを受ける

ポストする 8月25 2021

世界の移民傾向: 移民を最も受け入れている国

プロフィール画像
By  エディター
更新中 11月15 2023

移民は世界のかなりの数の国に影響を与えている現象です。 移行 は、世界の多くの国の経済的および社会的発展の原動力となっています。 世界で最も繁栄している先進国は、移民に対処する方法で歴史を描いてきました。 世界の移民の傾向とその過程におけるさまざまな国の参加を理解することは価値があります。

移民と移民はどう違うのですか?

定義上、移住とは、人々が一国の国境内または異なる国の国境を越えて滞在する目的で旅行するときに発生します。 移行は、時間または目的が限定されたアクティビティです。 これは、仕事、勉強、亡命、または訪問のために場所から場所へと移動する人々である可能性があります。

移民は、人々が別の国の永住者になることを目的として国境を越えるときに発生します。 これは、他の国に定住し、他の国民としてのアイデンティティを獲得するために行われる旅行です。

移民を最も歓迎している国

各国が寛大であることは難しいですが、寛大になれば、世界的なシナリオにおいて希望の灯火の担い手となります。 それは世界の人口移動の傾向とともに顕著に起こります。

各国が移民を受け入れる際には、非常に影響力のあるギブアンドテイクが発生します。 これらが国の文化、社会、経済領域に吸収されるにつれて、これらの国の運命が変わる可能性は十分にあります。

ここでは、世界的な分析およびアドバイス会社であるギャラップが世界各国間の移民の傾向について発見したことを見ていきます。 ギャラップ社が調査した、どの国が移民を最も受け入れているのかを知ることになるだろう。

移民に対する最近の世界的なアプローチ

移民を最も歓迎している国の名前を挙げる前に、設定する必要がある重要な背景があります。 ギャラップは、世界各国が移民の受け入れに消極的になる傾向が徐々に強まっていることを目の当たりにしている。

ギャラップの移民受け入れ指数を見てみましょう。 2016年から2019年にかけて移民の受け入れは5.34人から5.21人に減少した。

おそらく最近では、より多くの国の人々が移民を自国の経済や社会福祉に悪影響を与えるものと見始めているだろう。 しかしそれでも、移民を擁護し、移民が彼らにとって有益であることを証明する国々を見るのは良いことだ。

移民を最も多く受け入れている国

以下は、世界で最も移民を受け入れている国のいくつかです。

  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • 米国
  • Sweden
  • ニュージーランド

トップはやはりカナダ!

カナダ 移民受け入れに関しては引き続きリードしている。 カナダの移民受け入れ指数は 8.46 年に 2019 であり、カナダは依然として移民に関してトップであり続けています。 7.95 年の米国の指数スコアは 2019 で、同国を 6 に押し上げました。th インデックスに載せます。

注意しなければならないのは、カナダと USA 移民を歓迎してきた素晴らしい歴史がある。 最近、両国は移民受け入れに関して異なる立場をとっている。 ジャスティン・トルドー首相率いるカナダは移民に門戸を大きく開いたが、ドナルド・トランプ前米大統領は移民に対して門戸を閉ざした。

その結果、カナダは米国に次ぐ最良の選択肢と見なす世界中の移民の圧倒的な優位性と好意を獲得した。 今、彼らはおそらくアメリカよりもカナダの方が応援するのに適した場所だと考えているのだろう。 カナダは移民活動の手を緩めるつもりはない。

実際、カナダは 移民 新型コロナウイルス感染症の影響でより高い目標を設定し、より多くの移民をこの国に呼び込むために巨額の投資を行ってきた。 カナダは、駐在員が簡単かつ便利に国内に定住できるようにするプログラムに投資しており、カナダへの魅力は確実に高まっています。

それにもかかわらず、今日、ジョー・バイデンの統治下で、米国は移民に関してその地位を取り戻す可能性は十分にある。 それは、米国が依然として巨大な経済大国であり、熟練した人材が働き、成功するチャンスが数多くあるからだ。

その他の注目すべき国

スウェーデン、アイスランド、 オーストラリア、ニュージーランドも移民を歓迎しているトップの国です。

この記事は面白かったですか? ここでさらに興味深いタイトルを読んでください:

タグ:

世界の移民傾向

シェアする

最新の記事

ポピュラーポスト

話題の記事

教師のための居住許可

ポストする 4月19 2024

ニュージーランドは経験のない教師に居住許可を提供しています。今すぐお申し込みください!